北大路魯山人「良寛詩」‥‥赤呉須の筆筒に力強く銀泥が躍っている

北大路魯山人も良寛さまが大好き、一字一句もゆるがせにせずに揮毫した筆筒 美しく気高い内容、デリケートな線、その時々で自分の心にあった素直な良寛の芸術性‥‥ 魯山人これに倣い渋めの赤呉須の地に銀泥で一字一字気合いを入れて書いている 文字の厚みが魯山人作品の特徴で、光の具合で見え方がまるで違う これを狙っていたのだろうか 筆墨硯紙という文房四宝を大切にした魯山人 当然、筆筒にも目を配っていた 良寛の揮毫に倣った魯山人の筆筒を数点取り上げてみたい 間庭百花發 かんてい ひゃっか ひらき 餘香入此堂 よこう このどうに はいる 相対共無語 あいたいして ともにかたるなく 春夜々将央 しゅんやよるまさに なかばらんとす 静かな庭には たくさんの花が咲きそろい、 あふれる香りが この座敷の中まで漂ってくる あなたと向かい合っているが、ともに語ることもなく過ごしていると、 春の夜はそのまま更けていき、いつしか真夜中になろうとしている 越後の春は梅桃桜の花が同時に開くという  雪国だからだろう 良寛と阿部定珍の二人は夜の更けるのも忘れて、庭に咲いた花の香りに心を奪われて 何も語らず、春夜を楽しんだ 五合庵乙子草庵時代の良寛さまを詩歌の師としていた阿部は、良寛より二十歳若いが、良寛さんを良く訪ね、心が通いあい、二人で唱和した詩歌も多いという 阿部家にある数多い良寛遺墨の中でもよく知られており、「良寛の里づくり事業」で平成3年…

続きを読む