田中佐次郎‥‥純粋な芸術性を求める

 佐次郎作品を手にとると“芸術とは人である。人格である”と、つくづく思い知らされる。 たとえ粗放になりやすい土を使っても躍動感ある明快で小気味よき造形を創り出して、格調の高さを堅持するからだ。  五十数年前に燃えさかる焔をも感じさせる縄文土器に興味を持たれ、その発掘調査研究をされた。 さらに土に結縁する陶人として宿命づけられたかのように茨を払って拓いた山瀬で“陶禅一味”の生活を送りはじめ、「土を練ることこそは心を養う」と、人格の研鑽を基としてしぶとい(・・・・)土と炎と闘い続けている。 「昔のものよりも良いものを作らなければ意味がない」と力感溢れた古唐津を再現し、朝鮮の蔚山では深く思慮して気品ある高麗茶碗のすべてを本歌超えしたといっても過褒ではあるまい。 八海天目 茶碗                唐津石はぜ茶碗  ここ数年、過去に蓄積し温存したものすべてが堰を切って奔流したかのように古陶の範疇を超えた新たな美意識を創生している。それは誰もが成し得ない人の心を揺さぶる独特のえぐみ(・・・)を醸し出す雰囲気をもつ釉調であり、順風を孕んで五十数年の切磋琢磨の結晶がもたらす“いぶし銀”の味でもある。  諄いようだが、理論が先行して作品が後回しなるものが多い中に、自らの道を黙々と創り出し、その仕事で思想を語っている田中佐次郎の美学は別格であるといえるだろう。          2017年霜月                         黒田草臣 田中佐次郎 徳利・ぐい呑…

続きを読む

瀬戸毅己‥‥曜変天目の再現

品格のある華やかさがある曜変天目 作品はすべて瀬戸毅己の曜変天目 多くの陶芸家が挑みながら失敗を繰り返した曜変天目 瀬戸毅己の曜変天目を観たのは八年前、 試行を重ね、漸くみごとな「曜変天目茶碗」を創り出し満を持して発表させていただきます 『深味ある輝き』は胎土となる黒胎 電気窯やガス窯の安定性を求めるのではなく、不安定な炎の流れをする灯油窯を使っている 1320度から1360度という他を寄せ付けない高温で焼くから 黒胎の素地から湧き出た複雑な成分が天目釉に滲みだす その恩恵が深味を感じさせる重要な要素の一つだ 白土を使った表面だけの結晶ではない 爽雑物の多い黒土から湧き出る本物の輝きを求めている 二つとして同じ結晶を形成しないのが瀬戸君の曜変天目高温焼成で天目釉が高台の脇まで、とろりと溶け出している 光線の具合で千変万化する曜変天目なので自然光で見て頂ければよいですが、 魯卿あんの茶室で特別な照明器具を使わずに私がデジカメで撮影したものです  茶が生える曜変天目茶碗 高台の土見せは本歌通りの黒胎 宇宙に浮かぶ満天の星のように輝きを放つ曜変天目  2018年3月に当苑で「瀬戸毅己の曜変天目作品」のデビュー展開催予定です 現在、京橋『魯卿あん』にて、お手に取ってご覧いただけます 湧き出た深味ある『曜変天目の世界』を観て頂きたいと思います 黒田草臣BLOG「曜変天目のこと」 …

続きを読む

砧青磁・飛青磁・天龍寺青磁・七官青磁を焼いた龍泉窯・そして官窯「楓洞岩窯」

福建省との境にほど近い浙江省龍泉市内から眺める山々は素晴らしいの稜線である なんと標高1000m以上の山が800以上あり、市内の大部分(70%)は山地で占めているというのだ 古越磁や越州窯、南宋官窯などそのいたるところに青磁の古窯址がみられ、 なかでも浙江省西南部に位置する「龍泉窯」は、中国最大の『青磁』産地である 龍泉窯発掘「青磁」陶片 竜泉窯の西側は「天目」の項で紹介した福建省武夷山風景旅游区に接している 「龍泉青瓷博物館」によると、青磁の最盛期の北宋、南宋時代の龍泉窯一帯の住民は2~3万人 その60%およそ1万5千人前後の人々が陶工として従事していたという 龍泉大窯 竜泉大窯は北宋時代中期までは浙江省東北部の上虞、慈渓などの越州窯の影響を受け、浙江省南部の温州市永嘉県などの甌窯、浙江中部の金華市の婺州窯などの影響をうけて同じような形の製品を作っていたが、釉調が灰色や灰白色の淡青釉の初期龍泉窯の特徴をもった五本の口を付けた多嘴瓶(五穀倉)や罌(おう・盤口瓶)などの明器が焼かれ、砧青磁などが焼かれた南宋代に飛躍的に質料ともに最も発展した青磁窯である 「萬声」や「馬蝗絆」などの名高い『砧青磁』は、きめの細かい胎土で薄く成形された「薄胎厚釉」(はくたいこうゆう)という空色を呈する粉青色釉青磁、美しい風格のある青磁だ 日本の国宝となっている『飛青磁花入』(大阪市東洋陶磁美術館蔵)は元代(1271~1368)に焼かれた 元代か…

続きを読む

山田山庵‥‥松永耳庵を瞠目させる

並外れた才能、それを自由気儘に発揮し、展観する度に数寄者を驚愕させたほどの腕前であった 楽茶碗の名手・山田山庵先生……  85歳となられた平成3年に、ご自身が選びぬいた作品集『自撰 楽茶碗 山田山庵』を出版され、巻頭に挨拶文に載せている。 「昭和十年の春だったと思いますが、商用で名古屋へ行っているうちに、ちょいちょい立ち寄っていた骨董屋さんに、中村道年さんという楽焼の作家がおります、いってみませんかと誘われて八事の道年さん所へ伺ったのが、私と楽焼との運命的な出合いだったのでしょう。 土から茶碗になる道程に強い魅力を感じ、以来家族のものからは気違いに近いとと言われ乍らも夢中で作りつづけてすでに五十余年が経ちました。」と、楽茶碗造りをされる経緯を語られている。 この度、その作品集の中から楽茶碗のみの逸品38点をご遺族のご厚意で一堂に展示させていただきます。 山庵先生は昭和9年、初代の中村道年先生から土を譲り受けて長次郎茶碗を手本に楽茶碗の手造りを始められた。もとより古美術の蒐集家でもあられる山庵先生は茶道具を商う「山惣」を創業し、のちに裏千家老分となるほど茶の湯に深く拘(かか)わっていかれた。 赤楽茶碗吹雪 光悦黒茶碗「くいちがゐ」を所蔵するなどまれにみる目利きである、 「長次郎には低火度の美はあっても、よく溶けた美を発見できず」と、 奔放な茶碗を創り出す光悦に私淑し、艶ややかな黒楽と赤楽の釉肌に執着され、心の赴くままに変化を持たせた創作の世界にのめり込んだ。 それは土の塊を球…

続きを読む

浜本洋好…初期の『斑唐津』に惚れた‥‥

陶芸の原点は「迫力ある原始的なもの」だと、売名行為を図ることをよしとしない浜本洋好先生。 15年間、唐津焼の窯元で修業されているが、30歳の頃、初期唐津の深遠な斑唐津に惚れて、岸岳周辺の古窯址を入念に発掘調査された。ここで唐津焼に適した粘土を掘って窯元へ売って独立資金を稼がれた。 頑固一徹な信念を曲げることなく清貧を苦にせず、豊かな陶土の岸岳に対座してこの道を歩む独立を決心された。 窯焚を待つ間、ひっそりと佇む浜本洋好先生の割竹連房式登窯 桃山陶の中でも初期の斑唐津の深遠さは他を圧する。そこには透明感があり、深味がある。 土と釉と炎をみごとに融合させているからだろう。 岸岳の土を調べる 先生はその本歌を手本に“土と炎”を相手にする陶匠だから、力仕事と藁灰つくりなど根のいる窯仕事は人任せにせず、すべて独りでされている。 浜本洋好 斑唐津茶碗 土は岸岳周辺の粘土を徹底的に調査され、耐火度のある砂気の多い土を、土木建築や農業に携わる方々からあらゆる情報を得て探しあてた。少ない時でも2トン車5台から、良い土が出れば4トン車に10台の粘土を借金してでも手に入れる執念をみせた。 そのほとんどが「斑唐津」に適した粘土で、そのほか絵唐津に適した武雄の白土や朝鮮唐津に適した藤の川内古窯址にあった鉄分の多い粘土も掘った。 割竹式連房登窯胴木の間から 窯は35年前に岸岳の麓に割竹式連房登窯を築いた。 現在の唐津焼では唯一の本格的な割竹式連房登窯である。 初期唐津で使われ…

続きを読む

〝用の美〟の探究者 北大路魯山人

唯一無二の芸術家 北大路魯山人  路地の落葉や濡石の具合を確かめ、水の打ち加減から箒の用い方まで一つだって疎かにしない。 四季をいち早く感じ取り、蓮の露の一滴、葉に隠れる虫の音をこのうえなく愛しく思っていた人だった。 その細やかで清新な感性をもって、いつまでも色褪せない根源的な芸術を考究していた北大路魯山人は 他の追従を許さぬ創意工夫を凝らしていた‥‥ 茶道雑誌(河原書店)9月号表紙 「北大路魯山人の特集」で監修、執筆させていただきました。ご笑読いただければ幸いです。   カラーグラビアP5~P20  色絵双魚文皿染付葡萄絵鉢 それぞれ世田谷美術館と足立美術館藏の作品 於り辺長板鉢北村美術館藏 あたりが暗くなりはじめた頃、松林の住処に いそぎ帰る鳥の群れを捉えた ‥‥北村美術館所蔵の織部俎板鉢の名品 本文唯一無二の芸術家 魯山人 ‥‥ 特定の師を持たなかった魯山人は、自然美と古美術品を師としたのであろう、 四季の変化に情緒をかたむけながら、妥協しない真の芸術を考究する…。 「少しずつでも古人の心が読めて来ると実にうれしい。それというのは、自分も古人のように、心で仕事をしてみ たいと思うからである。心あっての形である」 と、こんこんと湧き出ずる当意即妙で、底知れぬ芸術性を世に送りだした。 「感激が傑作を作る」と自己の心を固く信じ、とらわれぬ、生命感溢れる創造力と慈愛によって創りだされた作品そのものが〝自然美〟だと、明確に実証してくれた。…

続きを読む

三輪和彦‥‥「エル・キャプタン」

鮮烈な感性に会話が広がる三輪和彦先生の白萩 三輪家の家伝によれば「永正年間(1504~20)、大和の国三輪の里の住人・源太左衛門を祖先とする」という。 元禄十五年(1700)藩命により京へ上り、楽一入と交流を図って楽焼を習得し、その後、四代休雪も修業のため京都へ上り、高麗茶碗に包み込む和風化を取り入れて三輪家の礎を築いた。 不走庵 三輪窯 三輪和彦先生は 「物心ついた頃から十代休雪(休和)の仕事振りを見ていた。昔は家族総出で色々の仕事をやっていた。休和の両の掌の中の土が生命を帯びたモノに変って行く様を思い出す」と言っている。 休和先生は明治期より苦境に立たされていた萩焼を見事に立て直され、古萩にはみられない独特の存在感を示した造形力とともに『白萩』を創始し、茶陶そして鑑賞陶芸としての萩焼の地位を高められた “萩焼中興の祖”であった。 さらにご尊父の十一代休雪(壽雪)先生は、轆轤に頼っていた花入や水指、喰籠などを土の塊から刳貫いて制作された。また「これぞ鬼萩というのをやってみよう」と、萩の荒々しい土を使った「鬼萩茶碗」を圧倒的な存在感で創りあげ、ご兄弟で重要無形文化財(人間国宝)となられている。 三輪和彦先生白萩の釉掛け 和彦先生中学一年の夏休み、京橋にあった東京近代美術館で開催されていた「現代国際陶芸展」(1964年)で観たピーター・ヴォーコス(1924– 2002)の白い皿に圧倒されたという。 ヴォーコスはアメリカ現代陶芸の旗手、陶芸の常識を覆すダ…

続きを読む

茶の湯…茶碗の参考書……やっぱり、名碗

「目の眼」という月刊誌にある 骨董入門のコーナーで、「入門者向けに茶碗の参考書になる本を…」ということで拙文を、、、 古美術商のすすめる参考書 ……やっぱり、名碗 「目の眼」七月号 通巻490号 今年は茶碗の展示会が続いている。 国立近代美術館での「茶碗の中の宇宙 一子相伝の芸術」という利休の愛した楽茶碗の世界を企画展示、さらに東京国立博物館での特別展「茶の湯」では、国宝の「油滴天目」、「喜左衛門」、「卯花墻」、そして重要文化財の「馬蝗絆」「柴田」「無一物」「時雨」など唐物・高麗・和物から選ばれた天下の名碗。 武将や茶人などが愛し、人をつき動かすパワーを持っていた「名碗」‥‥ それは口造り、見込、高台はもとより、立ち上がる轆轤の伸び、腰の力など見どころ満載。 加えて魅力ある胎土やその削りの味、深味ある釉などを愛でる。 おいしくお茶を飲める名碗はどれも気品を備え、喫するほどに新たな感動を与えてくれたのだろう。 「大正名器鑑」(全九編) “茶碗の入門書”ということで、はじめて広く知られるようになったのは、大正十年から昭和元年にかけて高橋箒庵(義雄)によって編纂刊行された「大正名器鑑」(全九編)であろう。茶入などともに六編から九編までは茶碗の名品が写真撮影されている。 「茶碗」(平凡社)木の葉天目の項 平凡社刊行の「茶碗」は昭和四一年から四三年に全五巻が1200部発行された大型本。 監修者:小山冨士夫 ほかに満岡忠成、長谷部楽爾、佐藤雅彦、藤岡了一、林…

続きを読む

天目茶碗は北宋の徽宗皇帝によって‥‥木村盛康「傘寿」

なぜ、「建窯」は天目茶碗の故郷なのでしょう‥‥ 中国福建省建陽県水吉鎮周辺にある水吉窯・芦花坪窯・大路后門山窯・長乾窯・源頭坑窯・牛皮崙窯跡などが建窯の総称でその総面積は12万平方メートルという広大さの中に百を越える巨大な龍窯がありました。 なかでも大路后門山窯の龍窯は135,6メートルという長大なものでした。ここにはほかに晩唐、五代に使われた青磁窯2基、元代の青白磁窯1基が確認されています。 8年ほど前に訪ねた時にはそれを物語るように天目の陶片の他に青磁の陶片も見つけることができました。また同安窯で焼かれたような「珠光青磁茶碗」を思わすような猫描き手の陶片もありました。 遇林亭古窯址龍窯 青磁を焼いていた窯が黒釉の天目茶碗を焼くようになったのは、五代から宋代にかけて興った抹茶(碾茶)の流行でした。 それまで喫茶用の茶碗として使われていたのは越州窯で8世紀の唐代から焼かれた『青磁』と刑州窯で焼かれた『白磁』が主流で、透明の茶には「青磁や白磁」の碗が美味しそうにみえて似合ったからでしょう。 宋代になると上流階層では泡立った不透明な緑の抹茶をきわだだせるために黒釉の『天目茶碗』が流行してきました。手にもっても天目茶碗は熱くならないなどと歓迎されたのです。 奨励したのが北宋の第8代皇帝の徽宗です。 「美味なるモノ、美しいもの」を大切に風雅の道を説いた文人皇帝。茶が美しく映える天目の「兎毫盞」(禾目天目)を愛しました徽宗が著した『大観茶論』には、「盞色貴青黒、玉毫条達物為上」…

続きを読む

田中佐次郎‥‥芯に一本、強い我を秘めている

一握りの土塊が人の心により森羅万象を刻み、あらゆる感情を包蔵するものが、陶芸だと思い知らされたのは、35年前のことである。唐津市半田にある常楽寺の境内に登窯を築かれていた田中佐次郎先生(当時45歳)の陶房を訪ねた時からであった。 数年後、“幻の名窯”と謳われた山深き山瀬に半地下式15連房窯を築かれた。 さらには唐津のルーツでもある韓国の嶺南(ヨンナム)アルプスの麓に半地上式六連房の登窯を築き、 精魂を傾けた高麗茶碗をより純度高く再現されている。 先生にとって、土選びと炎への執念は“終世の命”である。 その火と土、そして清冽な山瀬の湧水との結合を求めて遮二無二(シャニムニ)、まさに狂人の如く追及して止まるところがない。その恐るべき土への執念をもって、古唐津の名窯岸岳や山瀬、牛石などの土、さらに朝鮮半島を巡って探し求めた土は1000種類を超えた。 斑唐津や朝鮮唐津、絵唐津はいうまでもなく、独自に謳いあげる「青霄(セイショウ)」、「辰砂耀変」「朱砂天目(シュシャテンモク)」「毘沙唐津」「玄黄(ゲンオウ)」「黒刷毛目」さらに「朱雲(シュウン)」「雲霄(ウンショウ)」など、 清新な作風に、心高き鑑賞者たちが惜しみない拍手を送っている稀にみる本格陶匠である。 孤高独自の節を曲げない田中先生の繰り出す爽清の陶技は観る者の心魂に響き、貴重な芸術家として後世に語り継がれるに違いないと信じるものである。 平成二十九年四月二十二日              黒田草臣 (福岡岩田屋三越…

続きを読む