連休明けの『魯卿あん』の室礼……

連休明けの『魯卿あん』‥‥ 北大路魯山人 於里遍カゴメ花入 軸装:菖蒲 花:蛍袋とリョウブ 北大路魯山人書「陶」 伊賀花入  花:山芍薬・令法・矢筈ススキ 加藤唐九郎 唐津茶碗   菓子:大宰府梅園 『宝満山』 魯山人「大雅堂」・「美食倶楽部」発祥の地  魯卿あん‥‥Rokeian 〒104-0031 東京都中央区京橋2-9-9    TEL: 03-6228-7704 FAX: 03-6228-7704 営業時間:11:00~18:00 Email:rokeian-kuroda@jupiter.ocn.ne.jp 黒田草臣 BLOGはこちら しぶや黒田陶苑のホームページに戻る   辻岡正美様の撮影

続きを読む

ヨモギ蕎麦、そして有平糖で一服

今年もヨモギが道端に生えてきました。 新芽を積んで湯がき、純白の更科粉に打ち込みました。 変り蕎麦の中では、「ヨモギ蕎麦」が一番好きです。 ヨモギ蕎麦 お客様用のヨモギ蕎麦黒田泰蔵の白瓷高台皿に盛り付けてみました。蕎麦猪口は古伊万里です。 有平糖で一服 「有平糖(アルヘイとう、ありへいとう)とは、砂糖を煮て作られた飴の一種であり、南蛮菓子の一つである。金平糖と共に、日本に初めて輸入されたハードキャンディとされている。阿留平糖、金花糖、氷糸糖、窩糸糖とも呼ばれる。」とあります。京都の小さなお菓子屋さんで作られた有平糖をいただきましたので、自然坊の斑唐津茶碗で一服です。 魯山人「大雅堂」・「美食倶楽部」発祥の地  魯卿あん‥‥Rokeian 〒104-0031 東京都中央区京橋2-9-9    TEL: 03-6228-7704 FAX: 03-6228-7704 営業時間:11:00~18:00 Email:rokeian-kuroda@jupiter.ocn.ne.jp 黒田草臣 BLOGはこちら しぶや黒田陶苑のホームページに戻る   辻岡正美様の撮影

続きを読む

丸田宗彦の歩み ‥‥ 独立築窯三十周年記念展

丸田宗彦 … 開窯三十周年によせて  開窯されて30周年を迎える丸田宗彦の生まれ故郷は民芸陶の里・黒牟田である。 ご祖父は、昭和四年から黒牟田焼の再興に力を注いだ丸田寅馬(明治三十四年生)。 そのあとを継いだのはご尊父の丸田正美(大正十四年生)である。 昭和十七年、佐賀県立有田工業高校窯業科を卒業してのち、昭和二十五年、益子の濱田庄司に師事して、わずか二か月ながら民芸陶の力を熱心に学び取られた。黒牟田の伝統技法に、益子で会得した塩釉などを個性豊かに加味して民芸陶黒牟田焼を確立されて日本工芸会正会員となられ『九州民芸陶の雄』といわれた方である。 得意の塩釉の鉄砂呉須のほか、鉄絵を施した藁灰釉や黒流描文、刷毛目、辰砂、伊羅保釉などで扁壺や大鉢を作られていたが、昭和五十四年十二月に五十四歳の若さで亡くなられた。 正美の次男・丸田宗彦が高校三年生の時であった。翌年、宗彦は高校を卒業後、ご尊父の逝去の悲しみを抱きながら陶芸家を目指し、一人険しい道を選んで栃木県の益子へ。バナード・リーチ工房で修業された浜田庄司の三男・濱田篤哉に四年間も師事され、見聞を広めてきた。 子供の頃から裏山の雑木林にある古窯址の物原が遊び場だった。 そこには、桃山時代から江戸時代に朝鮮陶工の帰化人が窯煙をあげた錆谷や山崎など古唐津の陶片がザクザクあったという。 益子から黒牟田に帰った宗彦は、手始めに古窯址を巡って良土を探し歩いた。二年後、結婚と同時に古唐津再現を目指して武雄に三袋の登窯「内田皿屋窯」を築窯…

続きを読む

『大藝術家 北大路魯山人展』 … 魯卿あん

ここ東京京橋も2020年に向けて再開発が進み高層ビルの建設ラッシュです。 昨秋、32階建て 1フロア820坪のエドグランが京橋駅に隣接して完成しました。 それでも 魯卿あんがございます東仲通りは静かな街並です。 今年も4月14日(金)-15日(土)に 『数寄です、美術の街 東京 アート アンティ-ク』が日本橋・京橋を中心に開催されます。 こちら魯卿あん では 2017年4月10日(月) より22日(土) まで 『大藝術家 北大路魯山人展』を開催させていただきます。 ぜひお出かけいただき、ご高覧くださいませ。 むさしの鉢 『大藝術家 北大路魯山人展』図録文 北大路魯山人先生が「魯卿」と名乗り始めたのは、大正5年(1916)の33歳になった時です。 岡本可亭の書生となって以来、唐代の「顔真卿」(顔魯公) に傾倒しておりました。 「魯」とは愚か、大ざっぱで間が抜けていること。その「魯の字が好きだよ」と『魯卿』と名乗っています。 翌年には、神田駿河台のシンボルでもあるニコライ堂(東京復活大聖堂教会)の鐘の音が心地よく聴こえる紅梅町の借家に「古美術鑑定所」の看板を掲げて、書と篆刻の仕事もしておりました。 鎌倉に越したのは大正7年のことです。アジサイ寺といわれる明月院の門前にあった高梨家を借りました。谷川に架かる石橋を渡った茅葺き屋根の田舎家と納屋のような小屋があり、ここに「北大路魯卿」の表札をかけました。 夏になると好物のスイカを谷(ヤツ)で冷やし、家…

続きを読む

金重素山 ‥‥ 火水土のご恩

「耀盌」と呼ばれる独創的な楽茶碗を最晩年に創り出した出口王仁三郎(1871~1948)は、 昭和23年1月、天界へと旅立った。 出口王仁三郎 耀盌 明治25年(1892)に綾部で開教した宗教法人「大本教」は開祖・出口なおを初代教祖に、書をはじめ、陶芸、織物、能楽など芸術を大事にしていたが、 王仁三郎の没後2年を経て、その遺志を継承して妻・すみ子(二代教主)、その長女・直日(三代教主)や五女尚江、そして現在の五代教主出口 紅(くれない)へと継承されていった。 直日に初めて陶芸の手ほどきをしたのは金重陶陽である。 手ひねりのぐい呑100点を作って窯(瑞月窯)と作業場も整えられ、陶芸への本格的な歩みが始まった。 その翌年には京都の清水にあった本格的な登窯を陶芸家の宇野三吾から寄贈されて、亀岡の「天恩郷」に築かれた。「花明山(かめやま)窯芸道場」という名の作陶場も開設され、花明山窯築窯当初から今熊野蛇ヶ谷に住んでいた石黒宗麿が指導にやって来ており、石黒宗麿が轆轤を教えるなどした。石黒は鉄釉陶器や磁州窯の白化粧、赤絵、呉須絵、練込手など、さらに李朝系や唐津風の焼物などを指導しているが、これによって陶陽や素山の作風にも影響を与えた。 花明山窯  練込水指 こうして金重陶陽はじめ、金重素山・宇野三吾・北大路魯山人・荒川豊藏・河井寛次郎・小山冨士夫・加藤唐九郎など日本の陶芸界を代表する作家が数多く集まるようになり、陶芸文化サロンとなった。 金重家は大本教を…

続きを読む

藤原雄 ‥‥器の中に“間”とか“遊び”

備前の伊部駅から瀬戸内海に沿って日生に向かうと片上湾が見えてくる。 海側にある耐火煉瓦や炉材の工場に遮られてしまうが、 その反対方向の急坂を上り詰めると藤原啓記念館と雄工房がある。 天気のよい日は豪壮な藤原邸の応接間から瀬戸内海に浮かぶ小島と穏やかな入り江が望め美しい。 藤原雄 備前窯変擂座花入 藤原雄は魯山人ばりの美食家であった。 明治大学の日本文学科に通われていた頃、岡山の陶芸通に紹介されて鎌倉の魯山人のところを訪ねた。 その初対面の日に、「また一人で飯でも食べに来いよ」といわれ、毎週土曜日に出かけ、月曜日に下宿に帰ってくる学生生活を三年間続けた。 「魯山人先生には日本的感性とか、美意識とか、風情、人生を粋に生きるというか、モノを上手に活かしていくことなど陶芸の哲学を学んだ。なにしろ先生の影響を受けたものだから知らず知らずに食いしん坊になった」 と料理の名店や寿司屋、そして魚市場などへもご一緒されたほど魯山人に可愛がられた。 「料理を手伝いながら、器と料理の調和を言葉ではなく厳しい修業として味合わせていただいた。私の生涯に二度とない素晴らしさをもたらしてくれた魯山人先生に感謝しながら日夜、器造りに精進している」 藤原 雄 明治大学卒業後、文学が好きで一時、出版社に勤めていたが、昭和三十年、父・啓が胃潰瘍で倒れ、父の体を案じて帰郷し助手となる。その後、アメリカなどに行って改めて故郷の焼物・備前の土の良さを認識し本格的に陶芸の道に入っている。 「父の助…

続きを読む

山本陶秀 ‥‥ 轆轤にかけた陶芸人生

明治39年、備前市伊部に生まれた山本陶秀は、燐家の金重利陶苑で職人たちが轆轤で制作するのに憧れ、大正10年に陶芸界に入った。 選んだ修業先は備前で一番大きい窯元だった黄薇堂で、入門した当日に轆轤台に座り、たちまち湯呑を十個、挽きあげたという。 昭和13年、京都の日本芸術院会員・楠部弥弌に師事し、14年には中国四国連合工芸展で優良賞を受賞したのを皮切りに轆轤一筋に精進されて戦中戦後の苦しい時代をのり越えていく。 昭和34年にはブラッセル万国博に出品した緋襷大鉢がグランプリ金賞を受賞するなど内外に認められ陶芸作家として地位を固め、昭和62年には、国の重要無形文化財保持者(人間国宝)となり、永年の苦労が報われた。 山本陶秀肩衝茶入 陶秀の繊細なろくろで造る茶入は気品に溢れ、日本伝統工芸展では毎年のように、大物に挟まれて小さな茶入が堂々と出品されていた。 山陽新幹線が岡山まで開通したのは昭和47年3月である。と同時に空前の備前焼ブームの幕開けである。 新幹線の騒音をまともに受けることになる陶秀宅は、防音装置を施した鉄筋コンクリートの自宅と工房に改築することにした。ところが旧宅の跡地には手榴弾が埋まっていた。 戦時中、金属物資が不足して軍の命令により一八軒あったという備前窯元は手榴弾を作らされた。ほとんどの窯元は型で作ったが、轆轤名人といわれる陶秀は灯火管制の元、轆轤で制作した。 改築の際、この手榴弾が全て掘りおこされ、 「備前陶工は兵器を作らされた時代もあった。二度とこんな…

続きを読む

藤原啓  ‥‥ 陶酔 無心 夢

藤原啓ぐい呑と徳利 JR赤穂線伊里駅の近くの工房から瀬戸内海の片上湾が臨める陶芸家として絶好の地へ‥‥ ここに藤原啓親子が窯や工房を新設された50年ほど前、まだ新築の香りが残る真新しい和室に通された。 私は床の間の棚に飾ってある片口鉢が気になった。 どっしりとした高台から穏やかに立ち上がり、厚みが一cmほどある口縁には溝がめぐらされた啓独特の作り。全体に淡いカセ胡麻が掛かり、腰と見込に目が覚めるような緋牡丹があった。それまでの固い備前焼の観念を覆す穏やかな創りと優しさを感じとった。 そんな私を見て、「ええ、焼けじゃろ‥‥これが『赤窯変』じゃ。‥‥狙っておるが、なかなか取れん」。 この時、『赤窯変』とは造語なのだろうか、初めて聞いた。 藤原啓大徳利千鳥が天に舞うように自身のサインが彫られている。  魯山人はイサム・ノグチを連れて備前にきた昭和27年、陶陽窯へ集まってきた多くの陶芸家の前で、 「古備前は無釉の陶器のなかで群を抜いて美しいね。…なのに、伊部の街を歩いてみて感じたのだが、君たちは伝統のなかに居眠りをしているのではないかな。‥‥こんなに良い土があるのに、もったいないことだ」 といい、土を菊練しながら、「君たちに素人でもできるいい方法を教えるよ」と、その土の塊を掌でとんとんと叩き広げて、 「この日本一の陶土を活かすには、ざっくり作った陶板が一番だ」 と箆などの道具を一切使わず手早く四方平鉢を仕上げた。 魯山人四方平鉢 その後の備前では器を好んで作る…

続きを読む

金重陶陽は「備前の生き神様」そして「備前焼中興の祖」

1967(昭和 42 )年の春、一人の青年が金重陶陽と金重道明の門をたたき、中庭の見える居間に通された。 昼寝をしていた金重陶陽が、作務衣に着替えて現れた。 「やきものは教えられるものではなく、自らが感じ とらねばならない。 作品は生れてくるものだから、 本人の人間性を高くしなければ良い作品は生まれて こない」 と、正座して 30 分ほど説教された。  金重陶陽当苑「からひね会展」より すでに 60 年近くも陶業に携わってきた陶陽だった。そこで悟ったのは、 「内 面からの美しさは“土・焼・造”が大切」 という陶芸家としての基本であった。 明治以来、土管や土産物だけに頼っていた備前焼の土の作り方、窯の構造や焚き方、窯詰の仕方も大幅 に変えた。こうして存亡の危機を見事に払拭して救世主となって“備前の生き神様”と言われ、小山冨士夫には〝備前焼中興の祖”と讃えられたのだった。 江戸時代から小奇麗な伊部手の細工物を生業とした陶家に生まれた陶陽は鳥類の細工物を得意としていた。 細工物は型に粘土を入れて作られるが、型抜きした後の技術が問われる仕事である。 得意の鳩や雄鶏などの鳥類は型抜きの後、箆や竹串を使って羽毛を一本一本ずつ精緻に彫り上げた。 乾燥を一定させるため、粘土に砂糖を混ぜた。その潮解性により、乾燥時のひび割れや剥離を起こすのを防いで、羽毛の線がくっきり出すことができた。 細かな手加減で操作するため、必ず繻子の布団を敷き、その上に作品をのせて細工し、デコ師とし…

続きを読む

現代備前の礎を築いた陶芸家たち

旧山陽道沿いに発展した備前の街を、はじめて訪ねた昭和42年の冬のことで、もう50年前になる。 煙突や松割木の山が妙に目立ったものの、伊部の街はひっそりとしたやきものの里にみえた。 この伊部の小さな街をくまなく巡っても窯元の数は二、三十軒ほどで、陶工たちは寒さにて耐えながら土を足で踏んで粘土をこさえ、薪を割っていた。 備前の街に佇む古備前の大甕 経済復興の波に乗って、昭和47年には東京と岡山間を新幹線が開通し、施釉陶だけでなく焼締陶の備前焼にもブームが到来し、赤煉瓦造りの煙突が雨後の竹の子のようにふえてきた。 無釉焼締の素朴な備前焼が忘れかけていた枯淡を愛する人々の琴線に触れたからであろうか。 土管や耐火煉瓦の製造を余儀なくされ苦難の道を歩んでいた備前焼を破格ある芸術作品に引き上げたのは、備前焼中興の祖・金重陶陽であった。その陶陽なくして現代の備前を語ることはできないが、今一人、現代備前焼に貢献した芸術家が北大路魯山人であった。 北大路魯山人作 備前四方鉢揃 美に対してあくなき探求心と温故知新の精神で人の心を打ち、気品ある芸術作品を生み出していた魯山人は、 「無釉の陶器のなかで群を抜いて備前は美しいね。何といっても土そのものに変化があり、味わいがある。土と火との微妙な関連によって渋い奥行きのある色が出るなど世界に類をみないよ」 と昭和27年にイサム・ノグチを連れて備前へやってきた。これを知った備前の陶芸家の多くが陶陽窯に集まってきた。金重七郎左衛門(素山)、藤原啓…

続きを読む